So-net無料ブログ作成
スリランカ株 個別銘柄 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

ヘイカーブ(HAYC:Haycarb PLC)のレポート [スリランカ株 個別銘柄]




ヘイカーブ(Haycarb)社はココナッツの殻を原料とした活性炭を製造している会社で、
35年の経験を持ち、年間売り上げが400億あるヘイレイズ(Hayleys)社の子会社です。


ヘイカーブ社もヘイレイズ社もコロンボ証券取引所に上場しています。



8月25日現在、ヘイカーブ社の株価は
139.50Rsなのですが、バートリート証券は165.72Rsの価値があると試算しています。



業績の一部は以下の通り。

2011年売上 +26.1%
PER 9.2倍
PBR 1.7倍
ROE 20.3%


今後2年は15~18%で成長するとのこと。



私の現地パートナーもこのスリランカの活性炭は
非常にモノがよく、日本でも引き合いがあると言ってました。



どうやら、活性炭が良質な上に、活性炭の再生技術に特色があるようで、
ランニングコストを劇的に下げられる商品のようです。



また、米国、欧州、アフリカ、アジア、オーストラリア、そして日本にも
すでに営業ネットワークを構築済みで、グローバルな取引を可能にしているのも強みです。



現地パートナーと話をしていたこともあり活性炭ビジネスには
関心があるので買ってみましょうか・・・。








いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ スリランカ株へ

スリランカ大型不動産開発とスリランカ株銘柄 [スリランカ株 個別銘柄]



スリランカのコロンボ市内で
Sir James Peiris Mawatha という通りがあるんですが、
ここはコロンボ市内でも一等地です。
にもかかわらず、空いている土地が結構あるんです。



なので、おそらくここもどこかのデベロッパーが
開発かけるんだろうな~なんて考えてました。



すると、やっぱり来ました!
ついにここへ大型不動産開発案件が入ることになりました。



インド系企業が4億ドルを投じてレジデンスやショッピングセンターを開発するそうです。
http://ow.ly/65fQI



この一帯は、他にも不動産案件がボコボコ出てきており、
水面下ではかなりの争奪戦が展開されていると予想されます。



ちなみにこのあたりのホテルやレジデンスを
開発している企業はジョンキールスグループや
アイティケンスペンスが中心となっています。



もちろん、これら企業はスリランカ株式市場にも上場しています。


JOHN KEELLS HOLDINGS PLC (JKH.N0000)
JOHN KEELLS HOTELS PLC (KHL.N0000)
AITKEN SPENCE PLC(SPEN.N0000)



ゴールフェイスグリーンにシャングリラが来る案件と言い、
今回の一等地の大型案件と言い、



スリランカにおいて不動産開発は
もっともホットなステージに入ると思います。



不動産開発業者は開発案件に、
スリランカ株投資家は不動産開発銘柄に、
大注目です!



■不動産デベロッパーの方へ


私のところで、この一等地に不動産開発案件情報を持っています。
定期借地権タイプとなりますが、土地は格安で提供されます。
また某日系商社が間に入ってくれる案件ですので安心です。


上ものは30億程度だったと思いますが、
関心がある企業があればぜひご相談を。
(詳細資料もあります)





いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ スリランカ株へ

ヴァリベルワンリミテッド(Vallibel One Limited)のIPO情報その2 [スリランカ株 個別銘柄]



ヴァリベルワンリミテッド(Vallibel One Limited)のIPOで
応募株数に対する割り当てが決定しました。


個人投資家は、応募 23,730,600株に対して、
割当 9,855,935株となり、倍率は約2.4倍となりました。


うーん、この銘柄はほしかったのですが、
タイミング逃してしまいました・・・


スリランカのIPO、発表から締め切りまで
期間が短いので要チェックです。




いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ スリランカ株へ

ヴァリベルワンリミテッド(Vallibel One Limited)のIPO情報 [スリランカ株 個別銘柄]



ヴァリベルワンリミテッド(Vallibel One Limited)は、
2010年に設立されたコロンボに本拠を置く会社で、
子会社を通じて、金融サービス、タイル、衛生陶器製造業、レジャー産業を
展開するコングロマリットグループです。


特に同社は、商業銀行サービス、購入、リース、ローン、金ローン、定期預金、
送金、イスラム金融商品など様々な金融サービスを提供しています。
また、同社はネゴンボに382室の5つ星ホテルを建設する予定です。


発行額は25Rsで、21,311,870株(発行済み株数の1.96%)を発行予定です。
募集期間は2011年6月21日~7月8日まで。


ちなみにこのヴァリベルワンリミテッド(Vallibel One Limited)参加の
衛生陶器製造業の会社は単独でも上場していて注目の銘柄です。





いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ スリランカ株へ

ソフトロジックホールディングスPLC(Softlogic Holdings PLC)IPO情報 [スリランカ株 個別銘柄]




ソフトロジックPLC(Softlogic Holdings PLC)が
IPOすることが発表されました。


2011年6月9日から募集開始で、
139,000,000株を上場させるようです。
発行株価は29Rs。


ソフトロジックPLCはスリランカマーケットの
様々な分野でハードウェアとソフトウェアソリューションを
手掛けるICT事業を行う会社です。


ソフトロジックグループは、ICT事業以外にも小売、
自動車、ファイナンス、観光、ヘルスケア事業へも
展開しています。


小売りでは、衣料と家具、自動車ではダイハツとフォードと
提携し事業を展開しています。


また観光ではベントタにあるホテルをセイリンコグループから
9億2500万Rs(約6億8500万円)で買収しています。


ソフトロジックPLCの事業計画では


2011年 +119%
2012年 +108%
2013年 +26%


の売上増を目指しています。


ただ、現在のPERは21.7倍と低くありません。


しかし、このまま業績が推移すると仮定すると
2013年のPERは6.6倍となる予定です。


IPO時の株価は29Rsですので、
このPERが続くとすると、株価は3.3倍になる計算となります。


実はスリランカではIT業も盛んなのですが、
なぜか上場している企業は2社と少ないこと、
昨年上場したPCHouseが上場後急騰劇を見せたことなどから
募集が殺到するかもしれません。


注目のIPOです。






いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ スリランカ株へ

前の5件 | 次の5件 スリランカ株 個別銘柄 ブログトップ
SSLのセキュリティ保護 スリランカ株式投資情報 トップへ戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。